世の中の出来事から

感じたままに‥‥

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『能天気』な国の『××幹事長』と『小泉チルドレン』

国民の代表である、『国会議員』が『義理と人情』を学ぶ為に芝居を身に行った。

それも『刺客』といわれたあの『小泉チルドレン』の面々。

引き連れたのは、『あの××幹事長』

あほか!

これが一人一人の『心の問題』で芝居を見に行くのなら、解らないでもない。

幼稚園の園児じゃあるまいし、も〜〜う『リコール』ができれば『リコール』したい!

誰だ!こんな幼稚な『代表』を選んだのは?

それも、遅刻をして、途中で帰ってしまった『年少組』の子がいた。

タレント気取りで、写真をとらせニヤニヤ。

こんな姿なら、『中国』、『韓国』、『北朝鮮』などなどに、無視されてもしょうがない。

『能天気』な国になってしまった。

| ニュース一般 | 20:56 | comments(6) | trackbacks(124) |
『国民』に隠し事をするのか?
来週、ヒューザーの小嶋社長が証人喚問される。

国民としては、『耐震構造偽装問題』の『真実』が知りたいのだ。

その『真実』を知る為には、疑義のある人間の証人喚問が必要だ。

与野党の折衝で、何故、合意出来ないのか?

与党が渋っているのであるなら、野党が『国民』に与野党折衝の

『真実』を訴えればいい。

それとも、野党も納得しているのか?

少なくとも『国民』は納得しない。

これは、与野党の『談合』か?


ハッキリしてもらいたい!

これが『国民』の為に、全力をかけた姿なのか?
| ニュース一般 | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
成人式のバカ騒ぎ

成人を祝う会が、全国でおこなわれた。

今年もまたバカ騒ぎがあった。

大人になれない、成人式。

そういえば、あるアンケートで『自分は大人になったと思うか?』

との質問に、70%近くの二十歳の人が『そうは思わない』?

この答えは何だろう?
| ニュース一般 | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
『竹中平蔵』は何だ?

今日のテレビで『竹中平蔵』が出演していた。

現在の景気回復は、やる気のある人間、能力のある人間がやったから出来た。
あたかも自分の能力の高さで出来た、と言わんばかりの事を
言ってた。

本当にそうだろうか?

現状認識がまったく出来ていないのではないか?

わかり易い例が
『大きいことはいいことだ!』と言わんばかりに
銀行の不良債権を税金を使って助け、合併させて銀行を存続させる。
その陰では、多くの中小企業が『銀行』の数字合わせによって、
死の宣告を受け倒産、廃業した。

中小企業貸付のノルマを与え、あたかも『中小企業』の事を考えている、という
ようなパフォーマンスをみせる。

しかし現実は、『貸し剥がし』だ。

銀行は、政府から与えられた、中小企業の貸し出し比率を上げる為、
必要のない優良中小企業に頭を下げ頼みこむ。

一方、本当に資金繰りで悩んでいる中小企業には『理由』をつけ貸さない。

よく考えてみたら解ると思うが、『金』が『金』を生む、能力が多少劣って
いても、『金』があればそこそこの経営が出来る。『サラ金』がいい例だ。

『社会』から色々非難されても、『金』が『金』を生めば『優良企業』
『上場企業』になれる。

反対に、能力があっても現実『金』がなければ、衰退に向かうしかない。

所謂、スパイラルで、『富』か『貧』かで大きく差が出来る。
このような事にならないように、今までの政府は色々悩んできたはずだ。

今のようなやり方ですむなら、とっくにやっていただろう。
『大企業』の誘惑、『中小企業』の対策、この狭間の中で悩んだはずだ。

『竹中平蔵』のような、『弱い者』を『簡単』に切り捨てるやり方だったら、
能力がなくても、誰でも出来る。

『うのぼれてはいけない!』











| - | 20:37 | comments(0) | trackbacks(5) |
『国会議員の改革』は? 続編
あけましておめでとうございます。
仕事始めです。

短い正月休でしたが、食べて、飲んで、テレビ見ての毎日でした。

初詣も、気のせいか例年より静かだったような気がします。

それにしても、『国会議員』のレベルの低さには呆れます。
『国会議員』一人に、国民の『税金』がいくら使われているのか?

レベルの低い『国会議員』にも、レベルの高い『国会議員』にも
ほとんど変わらない『歳費』、『経費』が支給されているなんて、
おかしいですね。

それも、レベルの低い『国会議員』ほど、テレビ出演が多い。
テレビに出る時間があったら、勉強しろ!と言いたい気持ちです。

困ったものです。
テレビ局もいい加減にしてほしい!

今年も怒りが先行します。
| 政治一般 | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
このページの先頭へ